くらげさろん

とびっきりの台詞を探しています。映画はやっぱり劇場で観たい!こんな作品を観てきましたよっていう映画感想ブログです。ネタバレあり。

『ジョジョ・ラビット』【映画感想・ネタバレ・見どころ・名台詞】

それぞれの国に戦時下たくさんのジョジョがいたのだ、きっと『ジョジョ・ラビット』

f:id:kurakero:20200702132045j:plain

(c)2019 Twentieth Century Fox

第二次世界大戦下のドイツ。

10歳のヨハネス(ジョジョ)・ベッツラーは母親と二人暮らし。

青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿に参加し、立派な兵士を目指している。

ジョジョには空想上の友達アドルフ・ヒトラーがいて…。

原題 "Jojo Rabbit"

”Jojo Rabbit"とは主人公ジョジョにつけられた不名誉なあだ名。合宿で指示通りウサギを殺せなかったため臆病者とみなされ、ジョジョ・ラビットとからかわれることに。


JOJO RABBIT | Official Trailer [HD] | FOX Searchlight

見どころ 

戦争ものにコメディ要素を詰め込んで不謹慎との境目ギリギリをいく挑戦的な作品。少年の目から見たファシズムを風刺を効かせて描くことで戦争の馬鹿馬鹿しさを分かりやすく伝える。どんなときも希望と愛を、という直球メッセージがズバン。

子どもは純真だからこそ洗脳されやすく戦時下たくさんの「ジョジョ」がどの国にもいたのではないだろうか。あなたたちは今、どうしていますか。元気でやっていますか。

素直ゆえにまっしぐらな主人公ジョジョ少年

靴ひもがまだ上手に結べない10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)。素直なジョジョは教育の賜物なのか、ヒトラーに心酔しておりユダヤ人に偏見を持っている。父親と同じ軍人に、自分も早くなりたいと思っている。

その父親は2年間音信不通で不在(脱走兵だとナチスに思われていることが途中で分かる)。最近姉をインフルエンザで亡くし、今は母親ロージーと二人で暮らしている。

意気揚々と参加した合宿の訓練中、才能を見せてみろとそこに居たウサギを殺すように指示される。だが心優しいジョジョには果たせない。ジョジョ・ラビットと不名誉なあだ名で呼ばれることに。

空想上の友達がアドルフ・ヒトラー

ジョジョにはイマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)がいて、常に話し相手になっている。少年の空想なのでどことなく滑稽なアドルフ。

ジョジョ・ラビットと名付けられ、ジョジョは一度は森の中に逃げ込んでしまうもアドルフに「ウサギはずる賢くて強いんだぞ」と励まされ、戻る。張り切って手りゅう弾の訓練に飛び込み参加し、大怪我を負う。

f:id:kurakero:20200702132049j:plain

(c)2019 Twentieth Century Fox 

勇敢で行動力のある魅力的な母親ロージー

どんなときにもユーモアを忘れない美しいジョジョの母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)。しっくりくる。ロージーは戦時下にも楽しみを見つけて、ときおりダンスのステップを踏む。その際、彼女の洒落た紐靴が何度もクローズアップされるので印象に残る。それがまさかあの別れのシーンに結びつくとは…。

f:id:kurakero:20200702132059j:plain

(c)2019 Twentieth Century Fox

顔や体が傷だらけになったジョジョは自らを醜くなったと卑下する。早々にナチスとしての出世街道から転げ落ちたということか。アーリア人至上主義をヒトラーは採用し『我が闘争』の中でアーリア人種の中で純粋民族であるゲルマン人が最も上等であり、彼らを存続させるために国家は存在すると唱えた。ちなみに対極にあるユダヤ人は文化破壊者とされた。容姿端麗で優秀かつ運動能力に優れているのがアーリア人の特長とされ、エリート部隊であるナチス親衛隊(SS)の入隊条件は容姿端麗、金髪碧眼、180センチ以上などが設定されかなり厳しかった。

ロージーはヒトラーユーゲントの事務局に抗議に行き、ジョジョは傷が癒えるまで後方支援活動に従事することになる。

戦いで片目を失った大尉・キャプテンK

合宿ではやる気のなさそうな態度ではちゃめちゃでハードな指導をするキャプテンK(サム・ロックウェル)。すっかりいい位置を占める役者になったなあ。『プールサイド・デイズ』をもう一度観たくなった。

f:id:kurakero:20200702132053j:plain

(c)2019 Twentieth Century Fox

教官としてはレベル・ウィルソンも出演。女子たちを前に私は17人も産んでお国に貢献したと力説。出番も少なく、彼女はもっと面白い使い方ができたはず。もったいない。

ジョジョが恋心を抱くユダヤ人の少女エルサ

ジョジョは誰もいないはずの家の屋根裏で、ロージーがユダヤ人の少女エルサ(トーマシー・マッケンジー)を匿っていることを知ってしまう。ロージーは反ナチス運動をしており国民に自由をとビラを町に貼りまくっている。エルサは「協力者とばらす。そしたらみんな死刑」と逆にジョジョを脅す。エルサは亡き姉の友達だった。

ジョジョはユダヤ人の生態を本にまとめるという口実を思いつく。ユダヤ人の秘密を全部話すことと引き換えに住むことを許すのだ。エルサと交流を深めていくうちに、ジョジョは自分が教わっていたことが事実と異なることに気付いていく。下等な悪魔だと言われていたユダヤ人は自分と変わらない。知的で美しいエルサと話すのはとても楽しい。

ざっくりとこの先の展開を

突然秘密警察が家宅捜査にやってくる。頼れる母は不在。もはや絶体絶命と思われたとき、エルサは姉のふりをして堂々と姿を見せる。姉である証明として誕生日を言って(実は間違っていたのを居合わせたキャプテンKが見逃してくれていた)切り抜ける。

町の広場にはナチスが絞首刑に処した人々が見せしめに吊られている。そこでジョジョは見慣れた靴を履いた死体を見つけてしまう…。ここで今までダンスステップなどであれほどロージーの足元が映されていたのがつながる。この表現はうまいなあと舌を巻く。死体の下半身に縋りついて泣くジョジョで、全てが表現されている。

ジョジョの親友・ヨーキーの存在がとてもいい

ヨーキー(アーチー・イェーツ)はちょっととぼけた感じの太っちょくん。奉仕活動中のジョジョと町ですれ違えば「兵士になったよ」とか話す。

気に入った台詞

「君が着ている服、紙じゃない?」

そう言われれば、ボール紙っぽい。もうどこも資源がなかったんだね。

f:id:kurakero:20200702132103j:plain

(c)2019 Twentieth Century Fox

連合軍が迫る中、ジョジョはヨーキーと出くわし、ヒトラーが自殺を図ったことや、ドイツが劣勢であることを知る。

ジョジョの目線から描かれた戦争は、最後の戦闘シーンなどジョジョだけがスローモーションになって爆撃の中を走り抜けていくのが印象的。現実と信じていたものが一気にひっくり返されていくようでうまい。

戦闘後、連合国軍によってドイツ人が捕まえられていく中でキャプテンKはジョジョの着ていたヒトラーユーゲントのコートを剥ぎ取り、わざとナチス呼ばわりすることで、その場から逃がしてくれる。別れ際ロージーのことを褒めてもくれた。キャプテンK、カッコいい。このときのキャプテンKは濃いメイクをしていて、この人そっち系だったのかと。ナチスでは同性愛者も迫害されており、障害者(片目)でもあった彼はどこまでもナチスにおいて異端だったのだな。

疲れ切って座りこむヨーキーを見つける。ヨーキーがしれっと言う。

「今はナチスにいるべきではないね」

ジョジョとエルサは家の外に出て、ダンスのステップを踏む。このときジョジョがエルサの靴ひもを結んでやる。ジョジョは10歳半になった。

どうでもいい備忘録

  • ドイツの話なのに、全編英語。ハリウッド映画のお約束かもしれないが、違和感がずっと拭い去れなかった。こういうの気にならないのかな。よくハリウッド映画では日本の描写がへんてこだったり、明らかに日本人ではない俳優が片言(過ぎる)日本語を話すとずこーっとなる。宇宙人も大抵英語を話すし。まあ宇宙人の方が知的レベルが高くて地球の言語を習得しているだけかもしれないが。ちなみに最近では『ジョン・ウィック パラべラム』の暗殺寿司職人ゼロが気になって落ち着かなかった。皿を出すときの手は清潔に。「オレハオナジコロシノタツジンー」あれはひどかった…。エンドロールに日本語指導とか出ると、ちゃんと指導しておくれよと思う。
  • 空想上の友人アドルフ・ヒトラーを演じたタイカ・ワイティティ監督はユダヤ系。インタビューであの格好をした自分を見るのはきつく楽しい役ではなかった、としつつ「ヒトラーは僕が演じるのは嫌だろうからそれはよかった」と答えたそう。寛容ここに極まれり。
  • すべてを経験せよ 美も恐怖も 生き続けよ 絶望が最後ではない 
    ――R.M.リルケ